Documents Requiring Notarisation for Use in Japan

There are are a number of documents that may require notarisation prior to use in Japan. If you have a document where it has been requested that notarisation occur, you should be careful to ensure that you establish with as much clarity the exact requirements for the notarisation. In some cases, it will require that a document be copied and the copy is certified. In other cases it may require that the document is signed before a notary public or that the notary public authenticates the document or witnesses the signature of the document. Some of the documents which commonly require notarisation are:

– Wills
– Probate Documents
– Commercial Contracts
– Financial Statements
– Letters of Comfort
– Single Status Certificate
– Police or Criminal Record
– Copies of Passports

In many cases, where a document has been produced in Australia and requires notarisation it will also need to be translated. We can assist you to find an appropriate Japanese translator if necessary. If you have any of the documents above where it has been requested that you obtain a notarisation for the document, we are very happy to assist you with obtain the notarisation.

日本国内で使用する場合は公証を必要とする書類

日本国内で使用する前に公証を必要とするかもしれない文書の数があります。あなたはそれが公証が発生していることを要求された文書がある場合は、あなたが同じくらい明確に公証のための正確な要件を確立することを保証するために注意する必要があります。ある場合には、文書がコピーされ、コピーが認証されることを必要とする。他の例では、文書が公証人の前または公証人が文書や証人の文書の署名を認証することに署名していることが必要な場合があります。一般的に公証を必要とする文書の一部を以下に示します。

– ウィルズ
– 遺言検認ドキュメント
– 商業契約
– 財務諸表
– コンフォートの手紙
– 単一のステータスの証明書
– 警察や犯罪歴
– パスポートのコピー

文書は、オーストラリアで生産され、公証を必要とされている多くの場合、それはまた、翻訳する必要があります。私たちは、必要に応じて適切な日本語翻訳者を見つけることを支援することができます。あなたはそれがあなたがドキュメントの公証を取得することを要求された上記の書類のいずれかを持っている場合は、公証を取得を支援するために非常に満足しています。

Leave a Reply